HOME > その他 > あだち麗三郎 / キューバ旅行記『野良犬たちは皆おどる』

その他

あだち麗三郎 / キューバ旅行記『野良犬たちは皆おどる』

価格 2,000円(税込)
購入数



<カクバリズム代表・角張渉による推薦文>
僕は普段あまり本を読まないし、同列に書くのもどうかな?なんだけど、webやblog、zineなんかで 友達や知り合いの文章を読むのは好きだ。
どこか会話しているような気にもなるし、その人の知らない部分に触れることが新鮮だったりもする。直接聞いてない楽さってのもあるんだと思う。
そもそも最近あんまり夜遊びだったり、みんなで遊びに行くことも、ツアーに同行するって ことも減ってきたってのもあり、友達の文章を読むことが楽しい。

あだちくん(片想い、他たくさん笑。以後あだれい)がキューバに行くって聞いた時、特段驚かなかった。
あだれいはいつでも風の又三郎みたいなイメージがあって、どこに行ってもおかしくないというか笑。 どこでも楽しくやってそうな人だなっ思っている。
けど、この「野良犬たちはみな踊る」の冒頭では あだれいの旅への興奮や不安なんかもしっかり書いてあって、それこそ僕は読みたい感じであって、 ワクワクした。
あんまり想像してなかったあだれいだ。
普段から飄々してしているあだれいが キューバの空気に触れた感覚や現地と人たちのやりとりなど、とても面白い。
あだれいの文章は 読みやすいし、レイアウトも写真もとても良くて、グングン読み進めれる。
すぐに「カクバリズムのデリヴァリーで扱わせて欲しい」とあだちくんに頼んだ。

皆さんも是非読んでみてください。大推薦です。

ーーーーー

社会主義国っていうと、すごく貧しいイメージがあると思うんです。
でも幸福度は高く、医療先進国で、自給率は高く、 人々はラテン系で治安がとても良くて、夜になると老若男女が音楽に合わせて踊る、
村上龍氏曰く「地上の最期の楽園」キューバ。

鶏を絞めてその血を飲む儀式をする教団、気がつくと売春宿にいたり、貧しい部落で謎のドリンクを出されたり、心温まる友情や裏切り、キューバ音楽、
とミュージシャンあだち麗三郎がクレイジージャーニー並みの冒険を繰り広げた8日間のカラー写真付き旅行記。