HOME > 二階堂和美 > 負うて抱えて

二階堂和美

負うて抱えて

価格 1,620円(税込)
購入数



故郷・広島で浄土真宗の僧侶としても活動する歌手・二階堂和美が、 初めて自身の「生活」と向きあった珠玉のエッセイ集『負うて抱えて』を入荷!

ニカさんが中国新聞(「洗心」欄)で、2015年3月から2017年6月まで週1回の連載を担当していたエッセイ『負うて抱えて』が、待望の書籍化です。

今年4月に惜しくも亡くなられたアニメーション映画監督・高畑勲さんとの交流を描いた「いのちの記憶の物語」に加え、『熱風』(スタジオジブリ発行の小冊子)の高畑監督追悼特集(2018年6月号)へ寄せた「最初で最後のデート」も追加収録。
「まえがき」「あとがき」は今回新たに書き下ろしたもの。

////////////////////////////////
ある日は曲作りやライブに勤しみ、ある日は寺の仕事に追われ、またある日は子どもとの会話を楽しむ。歌手として、僧侶として、母として、娘として、くるくると役割を変えながら、ままならない日常を仏教の教えとともに生きていく。

二階堂和美が綴るかけがえのない毎日の機微。

四六判並製・200ページ
装丁・レイアウト:矢萩多聞
装画・本文画:nakaban
編集:林さやか(編集室屋上)

【目次】
まえがき
1 広島で暮らして
2 いのちの記憶の物語
3 広がる世界
4 僧侶と歌い手
あとがき
////////////////////////////////

カバー裏も素敵な仕上がりです。
ぜひご一読ください。